様々な水トラブルの対応について

水トラブルといってもその原因は箇所は異なっていて、洗濯機のパイプが詰まると流れが悪くなって漏れることもありますし、破損なども考えられます。

洗濯機と蛇口を繋いでいる部分から漏れているときは、この部分の部品の破損が原因で蛇口を閉めても漏れるときは蛇口が壊れていることも珍しくないです。配管関連の水トラブルは、溢れ出てきたり流れないなど多く、キッチンや洗面所、風呂や外にある栓、シンクや給湯器、ボイラーやポンプなども専門のスタッフが対応してくれます。水トラブルは井戸にも起きますが、井戸のポンプを交換するときはジェット部分の交換も必要で、砂が上がりやすいときは砂取り器などもあるので設置すると砂を除去出来ます。

使っている時のモーター音が高いときや異常な音がする場合は故障していることもあり、10年以上使っているときは交換した方が良いです。石油給湯器は減圧便と安全弁があって、減圧弁が壊れると安全弁が働らいて一定量の圧力を逃がします。減圧弁が壊れたときは安全弁も一緒に交換するのがおすすめです。

石油給湯器には石油タンクがありこれにも寿命があって、超えてしまうと灯油が漏れる原因になります。給湯器を交換する場合は灯油タンクも一緒に交換すると安心して使えます。また解氷作業だと専門の機器が必要で、凍結予防で寒冷地だと抜くことで凍結を防げます。一般の地域でも気温が0度を下回るときは蛇口を少し開けて、糸を引く程度の水を流すと予防が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *